男が知っておきたい芸能・政治・時事ニュース

男なら知っておきたい芸能ニュースや政治、時事ニュースを紹介

立憲民主党と共産党はまだまだ森友学園問題を続けます!!

森友学園への国有地売却を巡る一連の問題だが、立憲民主党共産党はまだまだ続けるつもりのようだ。1月17日、立憲民主党共産党の国会議員8人が籠池泰典被告への聞き取りや現地の視察を行った。韓国のレーダー照射の問題や徴用工の問題にはだんまりだが、森友学園問題はまだまだ引っ張るつもりのようだ。

 

・籠池被告へのヒアリング
立憲民主党共産党の国会議員は、籠池被告や財務省近畿財務局のOB職員関係者から公開でヒアリングを行った。籠池被告は、「長く拘置所にいましたので、物事を客観的に見ることができるようになった。みなさんがされていることは『正義』に対しての正義を与える大きな鉄つい。日本国を守る大きな礎になっていく」と冒頭で挨拶した。

開校を目指した小学校校舎の棟上げ式には、安倍昭恵首相夫人が出席予定だったことを説明し、最終的には出席できなくなったものの、昭恵夫人から祝電をいただいたことを明かした。

また、「近畿財務局の職員の方が1人、亡くなられた。改ざんは1人の公務員の判断か、別の指示があったものなのか」の問いに対しては、「そりゃ、間違いないですよ。私も公務員をやっていた時代があった。公務員が自分の意思、あるいは直属の上司の命令によって改ざんすることはない。すべからく大きな力を持っている頂上の方から指示があり、改ざんするものと思う」と籠池被告はコメントしている。

 

・国民はウンザリ
野党(立憲民主党共産党)は、まだまだ森友学園問題を引っ張るつもりのようだ。しかし、ハッキリ言って国民はウンザリしている。このような問題にもウンザリだが、あれだけ国会を空転させておいて、何一つ証拠を出すことができない野党に無能さにウンザリだ。

しかも、森友学園問題はまだまだ続けるつもりなのに、直近の問題である韓国のレーダー照射の問題や徴用工の問題にはだんまりだ。そんな野党を信頼することができるだろうか。

もちろん、森友学園問題をうやむやに終わらせてはいけないだろう。しかし、今の野党には期待感がまったくない。もし政権交代ができたとしたら、国益が損なうとしか思えないほどだ。野党の議員に一つだけ質問したいのが、「あなたたちはどこの国の国会議員なのですか?」ではないだろうか。

 

よう言った国民民主党・玉木雄一郎代表!この路線で支持率アップ!?

日韓の関係が思わしくない。これは、一方的に韓国が悪いだろう。火器管制用レーダーを照射した問題や解決したはずの徴用工の問題を日本に責任転嫁しようとしている。しかし、日本の政治家の動くは芳しくない。特に野党は黙したままだ。ここで動いたのが、国民民主党玉木雄一郎代表だ。

・日韓問題に切り込む玉木雄一郎代表!
国民民主党玉木雄一郎代表は、レーダー照射問題に対して「日本の政治家なら(与野党関係なく)当然、韓国政府に強く抗議すべきことだ。黙っているなんて、絶対に許されない」と語っている。

他にもツイッターでは、以下のように発言をしている。

 


また、徴用工問題についても以下のようにツイッターでコメントしている。

 

 


・あるべき野党の姿
国民民主党玉木雄一郎代表の行動こそが、野党のあるべき姿なのではないだろうか。ただ単に政権批判をするだけが野党の役割ではない。日本の国益になることや、与野党が一致しなければいけないことには、協力するのが政治家の役目であるはずだ。

ところがどうだろうか、他の野党は日韓問題について発言することがほとんどない。黙りこくっているのだ。はっきり言って、本当に日本の政治家なのか疑いたくなるレベルだろう。

国民民主党の支持率は1%と低いが、このように野党のあるべき姿を見せていくことで信頼を取り戻すことができるのではないだろうか。

 


・信用できない野党たち
現在進行形の問題である日韓問題(レーダー照射や徴用工など)だが、これにコメントできない野党は、ハッキリ言って信用することができない。日本の政治家なら、韓国を批判する、もしくは政権に対して「もっと韓国に厳しい対応をすべき」と批判するべきだろう。

これができない野党が、もし政権を取ったらどうなるだろうか。レーダー照射の問題も徴用工の問題も、日本が悪いことになってしまうのではないだろうか。

野党も、国民民主党玉木雄一郎代表のように、日本の政治家ならしっかりと外交・国防の観点から発言してほしいものだ。とは言え、あまり国民民主党も信用できないから困ったものだ。

人工流れ星は成功するのか?エンターテインメントとしては厳しい?

株式会社ALEは、人工流れ星のための人工衛星初号機を完成させた。そして、1月18日に打ち上げられる小型ロケット「イプシロン」4号機に搭載される。果たして、人工流れ星は成功するのだろうか。

 

 

・人工流れ星が着実に現実に!
人工流れ星は、着実に現実的になってきている。すでに、1月18日にJAXAが打ち上げる小型ロケット「イプシロン」4号機には、ALEが開発した人工衛星初号機を搭載することが決まっている。

 

順調に行けば、2020年春に人工流れ星のサービスをスタートする予定とのことだ。人工流れ星では、発生場所や色を制御することができ、思い通りの光を夜空に描くことができる。夢のある計画なのだが、成功はするのだろうか。

 

・人工流れ星自体は成功するだろう!
人工流れ星が成功する可能性は高いだろう。心配されている安全面では、JAXAとともに安全対策を講じている。前例のない挑戦であるため、安全の確保が難しいわけだが、厳重の対策を講じているとのことだ。

 

対策としては、人工衛星の姿勢を計測するセンサーを3台搭載し、異常を検知した際には、流れ星の放出をしないようになっているとのことだ。厳重な対策をしているため、安全に人工流れ星の発生をすることができ、成功することはできるだろう。

 

 

・エンターテインメントとしての成功は不明…
はっきり言って、エンターテインメントとして成功するのは難しいだろう。なぜなら、人工流れ星には否定的な意見が多いからだ。以下のような否定的な意見が多いのが現実となっている。

 

・流れ星は自然現象だから価値がある
・人工的に流れ星を発生させるなら意味がない
・花火みたいなものでしょ

 

このように、否定的な意見が多い人工流れ星だけに、エンターテインメントとして成功するのは厳しいだろう。しかし、人工流れ星の精巧は、宇宙技術の革新につながるかもしれない。エンターテインメントとしては失敗するかもしれないが、科学面としては成功するだろう。

 

いずれにしても、人工流れ星のサービスは2020年春にスタートするのが目標となっている。どうなるのか楽しみであり、今後の動向に注目だ。まずは、無事に小型ロケット「イプシロン」4号機が打ち上げられるのを祈っていこう。